SEO対策紹介サイト「SEO GOES ON!」

告知

「SEO GOES ON!」では相互リンクしてくださるサイト様を大募集しております。SEOに興味を持ったくれた方や、既にSEO関連の情報を公開しているサイト様からのリンク大歓迎です。相互リンクしていただけるのであれば、まず下記リンク情報を参考にして、当サイトのURLを貴サイトのトップページに貼っていただきますよう、お願い致します。

サイト名

SEO GOES ON!

サイトURL

当サイトのトップページURLを相互リンク用URLとしてください。

サイト紹介文

「SEO GOES ON!」はサーチエンジン最適化についてわかりやすく解説することをモットーにしている、SEO解説サイトです。

相互リンク用バナー

SEO紹介サイト「SEO GOES ON」

キーワードの調整を無理に行う方法

通常、SEOを意識せずにホームページを作成し運営する場合、ページ毎に出現するキーワードの頻度は違うものになります。これは、特定のキーワード数を意識して散りばめてページの内容を入力してないためであり、逆に意識してキーワードを挿入すると多少不自然な文になったり、関係のないキーワードが紛れ込むといった現象が見られるようになります。SEOとしてキーワードを調整する時には不自然な文にならない程度にキーワードを挿入し、無理のない程度に調整を行うのが一般的ですが、対策を行う方の中にはとにかくキーワードを挿入すればいいと考えて、むやみやたらに文にスモールキーワードを挿入したり、まったく関係のないページにキーワードを散りばめたりと、ペナルティを受ける可能性のあるキーワード調整を行っている人がいます。SEOの基本として「あくまでも自然なサイトにする」という、一種の暗黙のルールのようなものがあり、これを破るのとペナルティを受けることも覚悟しなくてはなりません。

代表的なキーワード挿入スパム行為

キーワードを過度に挿入する方法として代表的なものは、背景色と同じ色にして一見するとキーワードが入っていないように見せる方法があります。例えば背景色が白いホームページの場合、ビッグキーワードの羅列を白いフォントでソース上に配置すれば人の目にはキーワードがあるようには見えません。ctrl+Aでページ全体を選択したり、背景をドラッグすると反転色ですぐに見つかってしまうためにこの方法を実践している人は今ではほとんどいませんが、クローラーはページのhtmlソースを解析する時にキーワードの出現頻度が不自然なっていないかどうかをチェックしているので、背景色に挿入し詰め込むこの方法は絶対にやめておきましょう。

他には、ソース上に配置する方法としてmeta keywordに無理に詰め込む方法や、画像のaltに画像とは関係のない単語だとしてもキーワードとして詰め込むといった方法があります。このどちらも褒められた行為ではなく不自然なキーワードの挿入としてスパム認定される可能性がありますので、自然なサイト作りを心がけて無理なキーワードの調整をしないように心がけましょう。