SEO対策紹介サイト「SEO GOES ON!」

告知

「SEO GOES ON!」では相互リンクしてくださるサイト様を大募集しております。SEOに興味を持ったくれた方や、既にSEO関連の情報を公開しているサイト様からのリンク大歓迎です。相互リンクしていただけるのであれば、まず下記リンク情報を参考にして、当サイトのURLを貴サイトのトップページに貼っていただきますよう、お願い致します。

サイト名

SEO GOES ON!

サイトURL

当サイトのトップページURLを相互リンク用URLとしてください。

サイト紹介文

「SEO GOES ON!」はサーチエンジン最適化についてわかりやすく解説することをモットーにしている、SEO解説サイトです。

相互リンク用バナー

SEO紹介サイト「SEO GOES ON」

キーワードの総数と頻度

ホームページ内で用意している各ページ数やページ内部で使われている単語(キーワード)もSEOで対策を施す箇所となります。メインテーマと関係のある情報を各ページに分けて掲載するのが一般的ですが、それぞれのページが独立した情報を扱うのではなく、ビッグキーワードとスモールキーワードに関係のある単語を散りばめたコンテンツにしてサイト全体に情報の一貫性を持たせることで、クローラーは「○○○の情報を扱っているホームページ」だと解析してくれるので、よりビッグキーワードとスモールキーワードでインデックスされる可能性が高くなります。このページではどのように調整を行うべきかについて説明いたします。(キーワード調整に関係したスパム行為については別にページを用意してあります。)

コンテンツ内に散りばめるキーワード

ホームページは数あれど、きちんとキーワードについて調整されているページは希です。かく言う私も口で言うほどキーワードの調整ができているわけではなく、蛇足であったり不足であったりとキーワードの調整に苦慮しています。ホームページで用意している各ページそれぞれに、各ページで説明している事柄に関係したキーワードの出現頻度を高くすることでSEOの効果があるとされており、自然な形で出現頻度が調整されているページの場合は変に弄るよりもそのままのほうがいい場合もあります。

例えばサイト作成に関するホームページの場合、作成に必要な手順や必要な知識・ツール等を説明したページを用意するかと思います。ここで、仮にサイト作成に必要なhtmlソースで使用するタグについて説明するページがあったとして、このページで使われる単語は必然的に「タグ」や「ソース」、「<title>」「CSS」となるはずです。このように「ページの内容にから使用頻度が高くなる単語」は自然と出現頻度が高くなり、ページ内のキーワード解析ツール等を使えば上位にあるのが普通です。しかしあまりページの内容と関係のない単語が上位に表示されているようだと、クローラーがページを解析した際にページ内に使われていてかつ上位に表示させたいキーワードを高く評価してくれなくなります。キーワードの調整をする場合には、どういった単語が上位にあるべきかをチェックし、意図して調整する前に先ずページを完成させてから必要な単語だけ数を増やしたり言い回しを変えるなどして出現頻度の調整を行いましょう。この調整があまりにも行き過ぎていると「極度に、意図的に出現頻度を高くしているキーワード」としてペナルティを受ける可能性があるので、あくまでも自然な形で調整することを心がけてください。(キーワード調整に関係したスパム行為については別にページを用意してあります。)