SEO対策紹介サイト「SEO GOES ON!」

告知

「SEO GOES ON!」では相互リンクしてくださるサイト様を大募集しております。SEOに興味を持ったくれた方や、既にSEO関連の情報を公開しているサイト様からのリンク大歓迎です。相互リンクしていただけるのであれば、まず下記リンク情報を参考にして、当サイトのURLを貴サイトのトップページに貼っていただきますよう、お願い致します。

サイト名

SEO GOES ON!

サイトURL

当サイトのトップページURLを相互リンク用URLとしてください。

サイト紹介文

「SEO GOES ON!」はサーチエンジン最適化についてわかりやすく解説することをモットーにしている、SEO解説サイトです。

相互リンク用バナー

SEO紹介サイト「SEO GOES ON」

「見出し」でトピックス名を目立つように

ホームページ内のコンテンツで文を一切使わず、更には注目のトピックスすら扱わないページ構成というのは見たことがないのですが、一般的なホームページであればページ内で重要度の高いトピックスは文字の色を変更したり大きさを変えるなど、トピックスの中でも「これが注目の話題」であることを一目見て分かるように工夫するものです。特に、文字量が多いコンテンツを配置する場合には同じ文字の大きさ、色でつらつらと羅列するよりも、各トピックス毎に見出しをつけて話題を区切るほうが全体的に見やすいコンテンツとなるのは言うまでもありません。このページでは見出しタグと呼ばれるヘディングタグの種類とそれぞれの使い方についてご紹介します。

ヘディングタグの種類

ヘディングタグはh1〜h6までの計6種類があり、一番効果が高いh1から始まってh6まで徐々に効果が低くなっています。ヘディングタグを使うときは見出しとなるテキストを<h1>の開始タグと</h1>の終了タグで閉じ、cssが組み込まれているページであればcssで文字色や文字の大きさ等を自由に変更することができます。

ヘディングタグの使い方

ヘディングタグを使う時には見出しタグをコンテンツのどの部分に使うのが効果的かをまず考えなくてはなりません。ここで一度「見出し」について考えてみましょう。見出しとは「一目見るだけで記事(コンテンツ)の内容を判断できるように付ける各トピックスの題名」であり、このページで言えば「「見出し」でトピックス名を目立つように」、「ヘディングタグの種類」、「ヘディングタグの使い方」の部分が見出しに当たります。htmlソースで見ると分かるように、これら見出しはそれぞれh2とh3の見出しタグを使用しており、下に続くテキストがどんな内容かを一目見てわかるように意識してタグの配置を行っています。見出して分かりやすい例と言えば、小説の各章のタイトルもそうです。各章のおおまかな内容が見出しを見るだけでわかるように意識されているので、本を開いて目次を見るだけでもおおよその話の流れがわかるようになっているハズです。

ヘディングタグの位置

h1のヘディングタグは一番効果が高い=重要度の高いトピックスの見出しに使われることが多いのですが、ではわざと全ての見出しをh1にすると全ての見出しとコンテンツが重要度の高くなるかどうか・・・答えはもちろんNOです。ページ全体の中でも特に一番目立つ話題にh1を使うべきであり、トピックス全てが注目の話題となると一つ一つのトピックスの重要性が薄くなり、結果としてヘディングタグの効果が効果的に発揮されないことになります。何かしらの話題を扱う時は、その話題のタイトルにh1を使い、その話題から派生した関係性のある話題で重要度の高いものから順にh2、h3、h4・・・といった具合に徐々に重要度を下げていくようにヘディングタグを使うのが効果的と言えるでしょう。ここで注意して欲しいのがヘディングタグの位置です。ヘディングタグは前述のようにh1が一番効果が高く、h6が一番低い効果の見出しタグです。したがって、ソース上でh1を配置した場所よりも上部にh1より効果の低い見出しタグを配置しないようにしましょう。はソースの一番上にh1を使い、そこから下に下がるにつれてh2、h3・・と下げていくのが理想的です。

×

重要度:中(h4)

重要度:中(h3)

重要度:低(h5)

重要度:最高(h1)

重要度:高(h2)

重要度:低(h6)

重要度:最高(h1)

重要度:高(h2)

重要度:中(h3)

重要度:中(h4)

重要度:低(h5)

重要度:低(h6)