SEO対策紹介サイト「SEO GOES ON!」

告知

「SEO GOES ON!」では相互リンクしてくださるサイト様を大募集しております。SEOに興味を持ったくれた方や、既にSEO関連の情報を公開しているサイト様からのリンク大歓迎です。相互リンクしていただけるのであれば、まず下記リンク情報を参考にして、当サイトのURLを貴サイトのトップページに貼っていただきますよう、お願い致します。

サイト名

SEO GOES ON!

サイトURL

当サイトのトップページURLを相互リンク用URLとしてください。

サイト紹介文

「SEO GOES ON!」はサーチエンジン最適化についてわかりやすく解説することをモットーにしている、SEO解説サイトです。

相互リンク用バナー

SEO紹介サイト「SEO GOES ON」

ページを構成するタグの正しい記述と配置

代表的なインターネットブラウザの筆頭である「Internet Exploler」に始まり、アドオンによる拡張機能が魅力の「FireFox」など、ネットユーザーそれぞれが自分にあったブラウザを使ってホームページを覗いています。各ブラウザによってホームページを構成しているソースの解釈に微妙な差異はあるものの基本的な部分は同じであるため、ブラウザを変えることで急激にサイトのレイアウトが崩れるということはまずありません。

ページを構成するタグの中には見た目に反映されるものとされないものとに分かれており、見た目に反映されないけども必ず記述することになる重要なタグがいくつかあります。まず一つは宣言文のタグで、通常htmlのソースでは一番上に記述されます。

例:<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

次に必要となるのは「html」タグでこれは<html>で始まって必ず</html>のタグで閉じることになります。このタグの間に様々なタグや文字を挿入することでページの内部を作り上げていくことになります。<html>の次に配置されるタグは<head>タグで閉じタグである</head>の間に文字エンコーディングタグやtitleタグ、metaタグを配置していくことになります。このheadタグの下には文字エンコードを担うタグを下記のように記述して配置します。

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis" />

文字エンコードが正しくされていないと、日本語がきちんと表示されていなかったり特定の文字が崩れて正しく表示されないなどの不具合が起きてしまいます。通常、日本人向けにサイトを作るのであれば例にあるようにcharsetの部分を”shift_jis”にしておえば特に問題はないでしょう。文字化けが起きているサイトをじっくりと眺めるような奇特な人はほとんどいないため、仮に検索結果上位になったとしても文字化けでまともにみれないサイトではアクセス数が伸びることはないと思われます。サイトレイアウトの基本中の基本ですので文字化け等が起きないように注意しましょう。

文字エンコードタグを配置したらその直下にくるのは<title>タグです。これはタイトルとキーワードのページでも触れていますが、検索結果で表示されるページ名と、ページをブラウザで表示した時にブラウザの左上に表示される部分となります。キーワードを挿入しつつ設定するのがSEOの基本となります。titleタグの下にはmetaタグを配置しましょう。

headタグ内に文字エンコードタグとtitleタグ、metaタグを配置したら</head>で閉じましょう。もしページ内にjavascriptを使用したギミックを搭載するのであれば、こちらもheadタグ内に記述しておくといいでしょう。headタグを閉じた後はページ内のコンテンツを配置することにある<body>タグを直下に配置します。このbodyタグの間に見出しタグであるヘディングタグ(h1〜h6)や文字を入力するときに頻繁に使用することになる<p>タグなどを入力することになりますが、どのようなコンテンツを配置するかによって必要となるタグは違いますので、ここでは細かい説明はしないでおきます。

クローラーはhtmlソースを解析することでサイト全体を分析するので、正しい配置がされていないソースだと分析に時間がかかったり正しく分析できないことからエラーページと判断することがあります。したがって、ページの根幹部分であるタグの配置と使い方を正しく理解しておく必要があるのです。ページ内に配置するタグで主にコンテンツ部分に使用するヘディングタグについては次のページでご紹介します。

>>ヘディングタグの使い方