SEO対策紹介サイト「SEO GOES ON!」

告知

「SEO GOES ON!」では相互リンクしてくださるサイト様を大募集しております。SEOに興味を持ったくれた方や、既にSEO関連の情報を公開しているサイト様からのリンク大歓迎です。相互リンクしていただけるのであれば、まず下記リンク情報を参考にして、当サイトのURLを貴サイトのトップページに貼っていただきますよう、お願い致します。

サイト名

SEO GOES ON!

サイトURL

当サイトのトップページURLを相互リンク用URLとしてください。

サイト紹介文

「SEO GOES ON!」はサーチエンジン最適化についてわかりやすく解説することをモットーにしている、SEO解説サイトです。

相互リンク用バナー

SEO紹介サイト「SEO GOES ON」

コンテンツを検索でヒットさせるには

どれだけ魅力のあるコンテンツを用意しても、それが一目につかならければ勿体ないことこの上ありません。折角人が見ることを意識して作ったコンテンツなのですから、一人でも多くの人に見て貰いたいと考えるのはホームページ管理者としては当然のことです。多くの人に見て貰う、多くの人が興味を持って来てくれるようなサイトにするにはまずは自分のサイトがインターネット上にあることを知って貰うことから始めなくてはいけません。SEOの基本とも言うべき、検索でヒットしやすくして人の目につくサイトにする作業ではコンテンツの内容部分にもいくつか対策を施さなくてはならないので、アクセスアップのための一手間として必ず取り入れるようにしましょう。

検索にヒットするコンテンツ作り

コンテンツを作成する時には、ページ内で扱うテーマと関連のあるキーワードを散りばめながら内容を入力するように意識するのが好ましいと言われています。スポーツ関係のページであれば「野球」や「サッカー」といったスポーツの名前、「試合結果」や「選手の名前」といったおよそ検索に使われそうなキーワードを使うのがコツです。コンテンツの内容で検索にヒットするように対策をかけるのですから、検索に使われるような単語、もしくはそれに準ずる関係性の高いキーワードを用いないことにはユーザーを自分のサイトに導くことは難しくなります。

コンテンツ内に無理なくキーワードを挿入する方法

コンテンツの内容はそのサイトが扱うメインテーマ、そして各ページが扱う情報に沿ったテーマによって違うため、当然のことながら各ページに相応しいキーワードにも違いが見られます。スポーツを扱うサイトのページなのに、料理やゲームといった全く関係のないキーワードがスポーツ関係のキーワードより出現頻度が高いのはおかしいですし、一つの話題に絞ってコンテンツを作成していれば自然と出現頻度が高くなる、また高くあるべきキーワードの目星がついてきます。しかしそれでも思ったようにキーワードを文中に挿入できないという方は、文中に使われている代名詞を目的のキーワードに置き換えてみましょう。置き換えても文の意味が変わらない、表現に違いがないのであれば積極的にキーワードに置き換えて、それでも足りない場合にはキーワードに関連した別の言い回しに返還するのもいいかもしれません。