SEO対策紹介サイト「SEO GOES ON!」

告知

「SEO GOES ON!」では相互リンクしてくださるサイト様を大募集しております。SEOに興味を持ったくれた方や、既にSEO関連の情報を公開しているサイト様からのリンク大歓迎です。相互リンクしていただけるのであれば、まず下記リンク情報を参考にして、当サイトのURLを貴サイトのトップページに貼っていただきますよう、お願い致します。

サイト名

SEO GOES ON!

サイトURL

当サイトのトップページURLを相互リンク用URLとしてください。

サイト紹介文

「SEO GOES ON!」はサーチエンジン最適化についてわかりやすく解説することをモットーにしている、SEO解説サイトです。

相互リンク用バナー

SEO紹介サイト「SEO GOES ON」

数多いサイトの中から選ばれるには

インターネット上にはゆうに数億ものサイトが存在すると言われていますが、その数多いサイトの中できちんと見られているサイトはおそらく10〜20%暗いではないかと私は考えています。これは特定のキーワードを使って検索した場合に、人は検索結果上位以外のサイトを見ることが殆どないだろうという確信に近い予想があるからです。実際に自分が使ってみることを考えてみると、キーワード検索で上位に表示されないサイトまで足を運び、そのサイトにお目当ての情報があるかどうかを探すよりも、別のキーワードを使って再度絞り込み検索をかけるほうが手っ取り早いからです。上位に表示されていない、ということはその検索キーワードとの関係性が低いサイトであると考えられるので、必然的に目を通す必要がないという暗黙の了解がサーチエンジンを利用する際の暗黙の了解となっている気がしてなりません。

需要のある情報とオリジナルコンテンツ

そういう事情も含めて、SEOでは検索結果上位に表示して人の目にとまるようにと対策を施すわけですが、特にSEO対策をしていなくても検索結果上位にランクインしているホームページが数多くあります。何故、対策をかけていないサイトが常に上位にランクインされているのか・・・・。それはおそらく純粋に「需要のあるサイト」だからだと考えられます。他のサイトにはないようなオリジナルコンテンツや、一つの話題を深く掘り下げているなど「他のサイトにはない面白さ」が付加価値として大きく働いているためではないでしょうか。欲しい情報を検索するためのツール、検索エンジンでキーワードに引っかかるサイトは検索した人の第一の目的である「情報の発掘」を叶えているため、そこから更にサイトに対して興味を引かすには求められている情報に+アルファを加える外ありません。この付加価値のオリジナリティが優れているほど「特別なサイト」として見られるため「新しい情報が更新されるかもしれないからまた来よう」とユーザーに思わせることができるのです。

SEOにありがちな思考として、クローラー対策としてのキーワード調整やリンクの数といった部分に目がいきすぎて肝心のサイトの内容が疎かにする傾向がありますが、これだと仮に検索上位にランクインしてもサイトの内容で人を引きつけることができず、一過性のアクセスアップと上位ランクインとなってしまうため検索上位表示の維持が難しいものとなります。SEOは確かにホームページをサーチエンジンに最適化する作業ですが、最終的には人間を相手にした対策を施さなくては意味がない、ということも覚えておかなくてはならないでしょう。