SEO対策紹介サイト「SEO GOES ON!」

告知

「SEO GOES ON!」では相互リンクしてくださるサイト様を大募集しております。SEOに興味を持ったくれた方や、既にSEO関連の情報を公開しているサイト様からのリンク大歓迎です。相互リンクしていただけるのであれば、まず下記リンク情報を参考にして、当サイトのURLを貴サイトのトップページに貼っていただきますよう、お願い致します。

サイト名

SEO GOES ON!

サイトURL

当サイトのトップページURLを相互リンク用URLとしてください。

サイト紹介文

「SEO GOES ON!」はサーチエンジン最適化についてわかりやすく解説することをモットーにしている、SEO解説サイトです。

相互リンク用バナー

SEO紹介サイト「SEO GOES ON」

最適化に必要な作業と内容について:後半

「SEO対策をかける場所と内容」に引き続き、最適化に必要となる作業と箇所についての後半部分を説明します。

コンテンツの内容と種類

コンテンツとはネットユーザーが一番に注目する部分。したがって、どれだけ他のSEO対策が万全なサイトでもコンテンツ部分の質が低いままでは「興味を持ってくれるユーザー」を獲得することはできません。専門的な知識は必要ありませんが、コンテンツの充実は難しいかわりに効果の高いSEOとなってくれるでしょう。

自動リンクと相互リンク

クローラーはホームページが他のサイトとどれくらいリンクを貼っているか、または貼られているかを解析します。一つのホームページがどれくらいリンクを貼られているかをバックリンクの数で解析する傾向にあるクローラーもあるので、外部からのリンクの数を多くしているサイトほど検索結果上位になりやすいとされています。SEOではこのバックリンクの数も多くすることも対策の一つとなっております。

内部リンクの設置

外部からどれだけのリンクが貼られているか、それをバックリンクの数として解析するクローラーですが、このクローラーは外部からのリンクと内部からのリンクを区別しているわけでなく、どちらもバックリンクとして解析しているとみられています。内部リンクも外部リンク同様に数と質が重要視される項目なので、SEOにおいては関連性のあるサイトとページからのリンクを重視する必要があります。

スパム行為の調査

SEOとスパムは紙一重。これをまず頭に入れておいてください。上記に紹介したキーワードの調整やリンクの数、ソースの調整など、全てSEOで対策をかけることになる部分ですが、度が過ぎる対策はスパム行為とみなされる可能性があるので注意しましょう。どういった行為がスパムと認定されるのかについても熟知しておくべきでしょう。

以上、これらの内容を各該当ページにて細かく説明しております。(各ページへのリンクは右側メニューのテキストリンクより飛んでください。)どの作業も手間がかかる地味な作業ですが、検索結果上位表示、ひいてはアクセスアップのために手間を惜しまず対策に励みましょう!